2021年04月

【日程ジュニアワンデイ】2021年 7月・8月・9月

2021-04-21

2021年4月より申込方法が、抽選へ変更となっておりますので、下記の手順をご確認の上お申し込みください。

申込方法は下記手順となります。
1、毎月1日~7日の間に、お電話にてお申込み
2、抽選
3、毎月10日以降に抽選結果を、お電話にてお問い合わせください ※抽選期間を過ぎてのお申込みも受付いたしますが、 キャンセル待ちになる可能性があることをご了承         の上、お申込みください。
4、大会が始まる週の水曜日の17:00までに確約のお電話のご協力をお願い致します
5、当日、14:30受付開始/15:15~試合開始 ※4日前よりキャンセル料が発生します!お気をつけください。

日頃の練習の成果を発揮できる場所、ステップアップできる環境、 たくさんのジュニアがチャレンジできる環境を作りたいと考えております。 皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

↓日程はこちら↓ ※練習している対象ボールでお申し込みください。
ワンデー日程表2021 – 7月ー9月 抽選

【結果】ワンデイ 4/18 イエロー

2021-04-19

優勝 増田 跳馬(桜田倶楽部) 準優勝 白良優々香(桜田倶楽部)

大会前半は、強風の中の試合となりました。
増田選手、二回目の優勝。出だし、あららみたいな試合はよくあったが、そこから淡々と崩れず、突き放していく。サービスもよくなっているし、何よりダブルフォルトをしないのがいい。スイッチをはやく入れるのが課題か。
敗れたが、白良選手の成長も嬉しい。しかし、決勝の前の敗れた試合が問題。私がよくジュニアに言うのは、『無い袖は振れない』。相手のパワー、フットワークが1枚上手な相手と、正面から挑んで勝てますか?ずっと打っていて、体力もちますか。相手が上手いから、ギアを上げてダブルフォルトをしていたら、勝てません。良いストロークを打たねばとしたら、ミスが増えます。良い球を打たないと、と思うのがプレッシャーに負けているのではないのでしょうか。良い球を打たなければ、と思わせるのが、プレッシャーをかけているのではないのでしょうか。

短時間で、良くも悪くもなる子供達の可能性は、凄いです。
自立をサポートしましょう!
そこがポイントなのは、沢山の選手をみてきたからこそ言えます。大切な我が子を失敗させたくないからこそ、自立を喜びましょう。

千葉 香織












【結果】ワンデイ 4/11 グリーン

2021-04-16

優勝 池田 寛太(桜田倶楽部) 準優勝 隠田 朔也(桜田倶楽部)

今日のワンデーは、珍しく桜田だけ大会でした。たまたまです。
育ってきた履歴がわかる選手も多くて、私の勉強になりました。

安定している池田選手、少ない練習時間の中で、強くなりたい気持ちが集中して、レッスンをしていると感じた。後は、サービスのよいイメージが見つかるとよいのですが。せっかく手足が長いのだから、ボレーにもチャレンジしてほしい。
敗れたが、とにかくサービスがよい隠田選手。成長前に彼のように、しっかり打っていると、この先、筋力がついてきた時に、どんなサービスでも、チャレンジできるだろう。しかし、あのよいサービスがあるのに、勝てないのだから、ショットの安定が課題ですね。
環境が整わなくても、できる時間の中で、頑張っている選手達が、試合の楽しみ、達成感が出るようサポートできたらと思う千葉です。

ボールマークを抗議できるのは、クレーコートのみなのを選手達は、知っているのかと、不安になった今回でした。ルールも、変わるので勉強しています!

千葉香織







【公認大会】第9回桜田アーリーサマージュニアテニストーナメント仮ドロー(2021.04.14)

2021-04-14

第9回桜田アーリーサマージュニアテニストーナメントの仮ドローを発表致します(2021.04.14)

出場選手は各自確認をお願い致します。

*駐車場をご利用の方* 大会期間中は当倶楽部の駐車場は有料となります。
1日500円となりますので、ご利用の方は釣銭のないようにご用意ください。
尚、満車時は近隣の有料駐車場をご利用くださいますようお願い致します。

注意事項 必ずお読みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2021年 桜田アーリーサマー注意事項(ドロー用)

日程表はこちらでご確認願います
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2021 アーリーサマージュニア 日程表

14歳以下男子仮ドロー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドロー 14歳以下男子
14歳以下女子仮ドロー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドロー 14歳以下女子
12歳以下男子仮ドロー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドロー 12歳以下男子
12歳以下女子仮ドロー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドロー 12歳以下女子

ドロー・日程・注意事項はこちらからも確認できます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.tennisbear.net/
新型コロナウイルス感染拡大防止のお願い
↓ ↓ ↓
新型コロナウィルス感染防止のお願い.docx

こちらのご記入のご協力をお願い致します
↓ ↓ ↓
コロナ感染拡大防止のための協力書 (pdf)

【プレイヤーズ活動情報】MUF全国ジュニアテニストーナメント2021

2021-04-12

MUFG全国ジュニアテニストーナメント2021(U16男女)が
4/6-10まで愛知県名古屋市東山公園テニスセンターにて開催されました。

桜田倶楽部からはTour Team Programの松岡隼、
プレイヤーズの大熊樂が東京都予選を勝ち上がり出場しました。
(プレイヤーズの佐藤弘夏は補欠1番)

男子シングルスで大熊樂はBest32、松岡隼は優勝を果たしました。

隼にとって、今大会が初の全国大会タイトルになります。

樂は昨年の度重なる怪我から見事復帰し、コロナ禍をくぐり抜け、このステージまで戻ってきました。
この結果を確かなステップとして欲しいと思います。

また、“Tour Team Program” が始動して1年。
オンコートやオフコートのトレーニングで、一歩ずつ積み重ねてきた努力。
隼の日々の努力の積み重ねが、心身ともに自信となり、この結果に繋がりました。

今後は、ITFツアー参戦や、夏の国内トーナメントを控えています。

桜田倶楽部選手一同、今後も更なる飛躍を目指し、練習に励んでいきます。

皆さま、引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

結果は下記の通りとなります。

松岡隼 男子シングルス 優勝

QF 服部伶矢(京都/ノアインドアステージ京都西)6-4,6-4
SF 本田尚也(栃木/サトウGTC)7-5,6-4
Final 眞田将吾(三重/四日市工業高等学校)6-1,6-2

大熊樂

1R 河田健太(愛知/名古屋高等学校)7-5,6-3
2R 三代貴雅(神奈川/荏原SSC)6-7(4),2-6







【プレイヤーズ活動報告】第41回東京ジュニアテニス選手権大会

2021-04-08

第41回東京ジュニアテニス選手権大会が
2/21-4/7までの、約1ヶ月半に渡って行われました。

国内ジュニア主要大会の中でも重要な位置を占める『全日本ジュニアテニス選手権大会』の
東京都予選になります。
今大会を勝ち抜く事ができれば、その先には関東ジュニアテニス選手権が控えています。

桜田倶楽部プレイヤーズからは31名
プレプレイヤーズからは4名、計35名の参加となりました。

そのうち、関東ジュニアへの出場内定選手は13名。

夏の大一番に向けて、より一層気を引き締めて、日々の練習に励みたいと思います。

上位入賞者の結果は下記の通りとなります。

18歳以下男子シングルス

優勝 三好健太

16歳以下男子シングルス

優勝 大熊樂

準優勝 松岡隼

16歳以下男子ダブルス

Best4 松岡隼・大熊樂ペア

16歳以下女子シングルス

Best4 青木舞帆

16歳以下女子ダブルス

Best4 阿部叶実・古谷ひなた(有明JTA)

14歳以下男子ダブルス

優勝 櫻井成・黒田渓太(成蹊中学校)

12歳以下男子ダブルス

優勝 小林兼輔・豊田晟大





18歳以下男子シングルス優勝 三好健太



16歳以下男子シングルス優勝 大熊樂



16歳以下女子ダブルスBest4 阿部叶実・古谷ひなた(有明JTA)ペア



14歳以下男子ダブルス優勝 櫻井成・黒田溪太(成蹊中学校)ペア







【結果】ワンデイ 4月4日 オレンジ

2021-04-06

優勝 
田原 大輝(桜田倶楽部)
小林 康祐(フミヤ市川)

本日のオレンジボールは、最後の決勝が、雨のためできず、優勝者二人となりました。
優勝で良かった〜と喜ぶのではなく、決勝をやる気満々だった闘志溢れる二人は、今の気持ちを大切に成長を楽しみにしています。
前回よりも、しっかり打つようになった田原選手、ジャッジも正確。ラケットの重さをいかしたサーブと、オレンジボールではもっとボレーにチャレンジしてほしい。
小林選手、型にはまらない印象のテニスです。今回はじめての参加なのでよく知らないので、軽々しくコメントできませんが、経験が色々な事を教えてくれるでしょう。

他の選手も、まだ、試合をスムーズにできない人
カウントを忘れる人
ルールが理解できない人
上から目線の人
など、コーチが三人体制で観ていても、追いつきません。しかし、柔らかい今、しっかり修整、理解することがテニスを楽しくします!

予約方法が変わりましたが、お忙しい保護者のご負担か減ればと考え、厳正な抽選をいたします。
ご理解いただき、あたたかく見守って下さり、感謝しております。

千葉 香織













【プレイヤーズ活動情報】2021全国選抜ジュニアテニス選手権大会関東予選大会

2021-04-05

2021 DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会関東予選大会が4/2〜4/4に開催され

12歳以下は千葉県白子町のアポロコーストテニスクラブ、

14歳以下は群馬県高崎市の清水善蔵メモリアルテニスコートで行われました。

桜田倶楽部プレイヤーズからの出場者は
12歳以下男子2名、14歳以下男子2名女子1名でした。

全国大会出場内定者は12歳以下から1名。
5/13-16にTTC(吉田記念テニス研修センター)にて全国大会が行われます。

上位入賞者の結果は下記の通りとなります。

12歳以下男子シングルス

3位 小林兼輔 (全国大会出場内定)

以下、帯同コーチのコメントになります。

12歳以下は小林兼輔、豊田晟大が出場。

例年よりハードスケジュールで、各県、試合続きの中、初日を迎えました。
今回の白子も風が強く、風の中での戦い方が勝敗を分けました。
今大会はオムニコートでしたが、全国選抜はハードコートの戦いになるので、また違った戦いが見れそうで楽しみです。 下川花

14歳以下は小島凛、櫻井成、百田優季が出場。

14歳以下の会場は、昨年群馬県高崎市に新設されたばかりの清水善造メモリアルテニスコートで行われました。
このカテゴリーからの全国出場は叶いませんでしたが、それぞれが夏の大会、関東ジュニアに向けての課題を得れたので、選手、コーチ共々頑張りたいと思います。 森実翼



3位 小林兼輔


写真左:小林兼輔 右:豊田晟大







清水善造メモリアルテニスコート