2021年12月

【日程ジュニアワンデイ】2022年 3月・4月・5月

2021-12-28

申込方法が、抽選へ変更となっておりますので、下記の手順をご確認の上お申し込みください。
申込方法は下記手順となります。
1、毎月1日~7日の間に、お電話にてお申込み
2、抽選
3、毎月10日以降に抽選結果を、お電話にてお問い合わせください ※抽選期間を過ぎてのお申込みも受付いたしますが、 キャンセル待ちになる可能性があることをご了承の上、お申込みください。
4、大会が始まる週の水曜日の17:00までに確約のお電話のご協力をお願い致します
5、当日、14:30受付開始/15:15~試合開始 ※4日前よりキャンセル料が発生します!お気をつけください。
日頃の練習の成果を発揮できる場所、ステップアップできる環境、 たくさんのジュニアがチャレンジできる環境を作りたいと考えております。 皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

※3月の抽選受付は、1/1が桜田倶楽部休業のため、1/2~1/8までです。
 また、抽選結果は、1/11~1/18まで桜田倶楽部冬季休業のため、1/18~と
 します。  

宜しくお願いします。

↓日程はこちら↓ ※練習している対象ボールでお申し込みください。

ワンデー日程表2022 – 3月ー5月 抽選

伊藤竜馬選手イベントご参加頂きありがとうございました!!! 2021.12.18

2021-12-21

伊藤竜馬選手イベント
今回、コロナによる自粛期間も通り過ぎ、3年ぶりとなる竜馬選手によるイベントを開催することができました。
沢山のジュニアの方にご参加頂き、大盛況にてイベント終了致しました!!!
しかし、大人の部は、雨の影響により中止となってしまいました。またの機会に開催したいと考えておりますので、ご参加の程宜しくお願い致します。
そして、竜馬選手と戦っている時のジュニアもとても楽しそうにテニスをしており、とても雰囲気のよい大会となりました!!
それから、竜馬選手の更なる活躍を期待しています。
皆様、今後も竜馬選手の応援の程、よろしくお願い致します。

























【レッスンスケジュール】(2021.12.14)

2021-12-14

第5クール後期・第6クール前後期の「レッスンスケジュール」を更新しました。

『クール期間』
第5クール後期→1/4(火)~1/31(月)
第6クール前期→2/1(火)~2/28(月)
第6クール後期→3/1(火)~3/28(月)

『お知らせ』
・年内の通常レッスンは、12/28(火)まで開講いたします
・1/1(土)は元旦の為、休業となります
・1/2(日)と3(月) 特別レッスン開講
・1/10(祝・月) 「Fan Meeting’22 vol:1」開催
・1/11(火)~1/17(月) 桜田倶楽部冬季休業
※上記スケジュールは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

↓↓↓レッスンスケジュールはこちら↓↓↓
2021年度 第5クール後期・第6クール前後期

【結果】ワンデイ 12/10 オレンジ

2021-12-14

優勝 内田 颯真(桜田倶楽部) 準優勝 曽田 陽太(桜田倶楽部)

ぎりぎりの戦いを勝ち抜いたのは、内田選手。よく拾っていた。
決勝に残った選手は、残れなかった選手に比べ、サービス、フットワークが良かった。
敗れた曽田選手、予選を簡単に勝ち上がり、待ち時間の待ち方や接戦をしてこない時の決勝の戦い方など、課題はこれからだろう。

まだ、スタートラインに立てていない今回の選手達。
始まる前にオレンジボールは必ず「試合が不安な人、カウントなど不安な人いませんか?」と聞くのですが、よく考えたら、それが分かればここにはいないですよね。
ミスジャッジが多いが、それに対しても言えない。コートチェンジを忘れるなどなど。
そこをしっかりできてからの、戦いである。
しっかり修整してきてほしい。

千葉 香織















【プレイヤーズ活動情報】Yoshi’s CUP 2021

2021-12-13

【Yoshi’s Cup 2021】

西岡良仁プロ主催の『Yoshi’s CUP 2021』(三重県鈴鹿市/12月11日〜12月12日)が開催され、桜田倶楽部からはTour Team Programの松岡隼が第1シードとして出場しました。

「今後の日本選手の未来のため、次世代の選手が活躍するためのインフラが作りたい」という西岡プロの強い思いから設立された大会で、今大会が第1回目となります。

優勝者には特典で上限100万円の海外遠征費などの支援金と西岡プロと練習が出来る権利、西岡プロが選ぶ今後活躍が期待出来る面白さを持った選手に贈る西岡賞は特典で上限50万円の海外遠征費などの支援金が授与されます。

出場選手は8名で、西岡プロが独自の目線で選抜し招待した、プロを目指す16歳以下の日本のトップジュニア達です。

松岡隼は初日のラウンドロビンで接戦を制し勝ち上がり、2日目の準決勝・決勝では自分の持ち味を大いに発揮して優勝を果たしました!

ラウンドロビン/大会1日目

1R 大岐優斗(佐土原高校) 6-4
2R 山本夏生(相生学院高等学校) 7-6(5)
3R 本田尚也(文星芸術大学附属高等学校) 7-6(3)

準決勝・決勝/大会2日目

準決勝 三城貴雅(荏原SSC) 6-2
決勝 富田悠太(チェリーTC) 7-5,6-4

来年からはYoshi’s CUP初代チャンピオンとしてトロフィーに名前が刻まれます。

普段メディア等に取り上げられる機会が少ない日本のジュニア大会ですが、この大会はYouTubeでライブ配信され、SNSというコンテンツを通して、出場選手各々のキャラクターや特徴的なプレイを多くの視聴者の方々に観て頂けたかと思います。松岡隼の今後の活動を応援していただけるファンの方も増えたのではないでしょうか。

〜世界に挑むテニス界のDNAを次世代に〜

日本のジュニア選手達にとって、『Yoshi’s CUP』が世界を目指す指標となる大会となっていくことを、私たち桜田倶楽部は願っております。

西岡プロをはじめ、この大会を開催する為に尽力して頂きました多くの大会関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

Yoshi’s CUPの試合やインタビュー動画などは下記リンクからご覧頂けます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=lCjCbHTf-RU&list=PLzDfEl21nbA7SLkm968lOH02rOLS8gTnt









【結果】ワンデイ 12/5 イエロー

2021-12-07

優勝 氏家 蒼空(テニスサンライズ) 準優勝 齋藤 日和(テニスサンライズ)

苦しみながらも、決勝に残ったのは、しっかり打てている二人が残った。所属が同じなので、練習もしっかりしているのがわかる。
優勝の氏家選手、パワーある相手のボールも、しっかり返していた。崩れてくると泣きがはいるのをうまく克服してほしい。
敗れた日和選手も、前回より安定さがまして今後が楽しみである。ミドルコートのボールの処理に正確性がでると、結果はついてくるはず。

グリーンボールは、レギュラーボールに移行する大切な時期です。サービス、ボレー、打点、リズム、カウント、フットワークなど、しっかりやっておけば、レギュラーになっても、楽しめます。焦る必要は、ありません!

そうそう、悲しい噂を聞きました。桜田の抽選は、操作されていると(# ゚Д゚)。
桜田がほとんどいないワンデーの時もありますし、桜田のフロントは、全く忖度してくれません(;_;)。どんな試合に行こうが困らないよう、しっかり挨拶も要求します。字もしっかり書いてもらいます。苦言を呈するのは、疲れます。それを内外問わず言ってくれるのは、子供の事を大切にしてくれているからです。抽選を誤魔化すくらいなら、以前の先着順の電話にしていればいい事ですからね。
お子様が、勝って、テニスが更に好きになるよう、応援します!

千葉 香織

















【プレイヤーズ活動情報】ITF Junior 松山

2021-12-07

11月29日〜12月5日愛媛県総合運動公園にてITF Junior 松山(大会グレード5)が開催されました。

桜田倶楽部からはTour Team Program の松岡隼が第1シードとして出場しました。

準決勝 6-4,0-6,6-4 Yuto Oki〔6〕

決勝 6-3,4-6,3-6 Asahi Harazaki〔2〕

決勝はファイナルセットまでもつれるタフマッチとなりましたが、惜しくも準優勝で大会を終えました。

今週、松岡隼は12月11日〜12月12日に西岡良仁選手が主催する『Yoshi’s CUP』に出場予定です。

「今後の日本選手の未来のため、次世代の選手が活躍するためのインフラが作りたい」という西岡良仁選手の熱い思いから設立された大会です。

出場選手は8名で、西岡良仁選手が選抜した、プロを目指す日本のトップジュニア達です。

厳しい戦いになると予想されますが、優勝を目指して大いに力を発揮してほしいと思います。

【結果】ワンデイ 11/28 レギュラー

2021-12-05

優勝 黒澤 翔太(アクロスTA)
準優勝 中川 惠善(Fテニス)

寒かったです。
一度冷えてしまうと、エンジンがかからない。大変な冬が始まりました。

今日のメンバーは、レギュラーになると速くなるし、球も弾む、変化するなどの対策をせず?にイエローに移行してきた印象です。勝った選手達にも、このままだと、勝てなくなるし、テニスエルボーになるとの厳しいアドバイスもしました。次回どのようになっているのか、会うのが楽しみです。

優勝した黒澤選手、前回課題だったサービスをしっかり打てるようになったのが、大きな勝因。準優勝の中川選手は、準備のリズムがバラバラなので、球を支配しきれていないのが課題か。それは、他の選手もで、風や寒さの強い春先までの大会では、勝つには、とても大切な事だと考えます。

本日表彰式の司会は、氏家選手。


最近、司会を選手に頼んでいます。度胸付にいいですよね〜。
温かい飲み物や食べ物、ロングコートなど、寒さ対策をバッチリしてお越しください!

千葉 香織







【結果】ワンデイ 11/21 オレンジ

2021-12-05

優勝
成澤 清一郎(桜田倶楽部)
原田 理来(桜田倶楽部)

途中で雨が降ってきた為、各リーグで1位になった二人が優勝となりました
雨で決勝は、流れてしまいましたが、二人がどんな戦いをするのか、観てみたかったです。

試合の受付は、本人がします。「桜田倶楽部の千葉香織です、ワンデージュニアのエントリーにきました、宜しくお願いします」言葉は違っても、その内容を言えるようにしましょう。
当然、エントリー用紙も自分で書きます。紙に、氏名、住所、電話番号、所属、生年月日を親が書いたものを持ってきて、一人で記入を頑張る選手がいます。参考にしてください!

ボクシングのセコンドのように、コートから出たら、食べ物、飲み物、上着までお世話しながら、色々言っている保護者から、一人逞しく来ている選手までいます。野球の大谷選手のように、おごらず、スポーツを大切にする選手になって欲しいです。何が正解かは分かりませんが、今後の子供達の成長が楽しみですね。

今回の選手達は、お地蔵さんカップかと思いました。
予備運動がほとんどありません。今動いていなくて、いつ動くのか?無駄な動きも、なければ削りようがないのです。

試合に出る前に、親子でワンデーを観て話し合っている親子がいました。とても良い事だと思いました。また、疑問があれば、コーチにどんどん質問して、解決しましょう!

バラバラと書きましたが、しっかり試合までの準備などができないと、試合でも自分で戦い抜くことはできません。
自立を応援しましょう!

千葉 香織





















振替対応 プライベートレッスンに還元(2021.12.05)

2021-12-05

「振替対応・プライベートレッスンへ還元」

【期間】
第5クール前後期 12/5(日)~1/31(月)
※雨天等で第5クールの期間内にPLが実施できなかった場合、
 第6クール以降に予約する事は出来ません。
 次回の「振替対応・プライベートレッスンへ還元」をお待ちください。
 予めご了承ください。

【コートの利用状況】
土日はレンタルコートでコートが埋まっていることが多いですが、
平日の日中は比較的余裕がございます

【予約方法】
ご希望の曜日・時間帯を桜田倶楽部フロントへお申込みください。
スケジュールを調整後、フロントより改めて連絡いたします。
※担当コーチのご希望がございましたら、お申込みの際にフロントへお伝えください
※担当コーチにつきましては、ご希望に添えるように調整いたしますが、
スケジュールの都合上、ご希望に添えない場合がございます。
予めご了承ください。

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
振替対応・プライベートレッスンに還元