スタッフブログ 関東小学生大会

2019-06-03

~スタッフブログ~

東京都調布市にあるテニススクール

 

桜田倶楽部・東京テニスカレッジ

テニスで本物を目指す

桜田倶楽部・東京テニスカレッジのジュニア育成担当の下川です。
今回のテーマは「関東小学生大会」についてです。
前回の全国選抜ジュニアに引き続き、今回も調布を飛び出し、山梨の須玉にあるクラブヴェルデで行われた関東小学生大会に櫻井成(小6・第2シード)と小林兼輔(小5)の2名を連れて行ってきました。この大会は7/27~7/30で行われる全国小学生大会の関東予選です。
櫻井成は前年度のベスト4という結果を上回るのを目標に、小林兼輔は関東大会初出場。それぞれ違う想いを胸に挑みました。結果は櫻井成がベスト16、小林兼輔は初戦敗退。悔しいことに2人とも同じ相手に負けてしまいました。櫻井成は全国小学生大会の出場権を得ることはできましたが、悔しい結果に終わりました。小林兼輔は残念ですが、全国小学生大会に繋げることはできませんでした。関東地区の小学生のレベルがとても上がってきていて全国大会と同様に勝ち抜くのが難しくなってきています。先週行われた全国選抜ジュニア12歳以下の優勝者も関東の選手です。そんな強豪が揃う関東地区で桜田倶楽部のジュニアからも優勝者を出せるように選手、コーチ共々、頑張ります。全国小学生大会は桜田倶楽部の近くの烏山にある第一生命株式会社「相娯園グラウンドテニスコート」が会場になっているのでお時間のある方は是非、会場に足を運んで応援して頂けると嬉しいです。
これから夏休みまでの約一ヶ月間が夏の大会の結果を左右するとても大事な時期になります。夏の主要大会のスタートは7/13から始まる関東ジュニアテニス選手権です。この大会は8月に行われる全日本ジュニア選手権大会に繋がる大事な大会になります。桜田倶楽部からは18歳以下から12歳以下まで全カテゴリー合わせて13名の選手が出場します。一人でも多くの選手が全国大会へ駒を進められるように頑張っていきたいと思います。
今後も応援よろしくお願い致します。