ジュニアワンデー


【日程】ジュニアワンデー 5月~7月

ジュニアワンデー5月・6月・7月大会
※3月31日よりワンデーの時間が変更になります ※14:45~受付開始 15:15~試合開始 ※お申込みは毎月1日に翌々月分の申込スタート ※公認大会予備日と重なる試合は、中止となる場合がございます
お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。 多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。 ↓日程はこちら↓ ※年齢でのカテゴリ分けを廃止しました。練習している対象ボールでお申し込みください ジュニアワンデー日程2019 - 5月~7月

結果 3月24日ジュニアワンデーレギュラーボール

結果 3月24日ジュニアワンデーレギュラーボール 優勝 佐野慧 選手 (MTS) 準優勝 佐藤清空 選手 (高井戸ダイヤモンド)



ハイレベルなイエローボールであった。 同じクラブや知り合いなど、年齢別で参加するジュニアの大会は、勝ち上がれば、いつも同じ顔ぶれとの対戦になる。 嫌な対戦であるが、手の内が分かる中で、プレッシャーをかけ合い、勝つための工夫をどのようにしていくか、メンタル部分で強くなる工夫などを自分のものにしてほしい。 友達対決を制したのは、佐野選手。来る前に出た試合では、決勝で負けたようだが、ワンデーは、優勝。焦る時に出る凡ミスを丁寧にいければ、負ける事も少くなるのではないかと感じられた。ボレーも上手い。 敗れた佐藤選手。以前の勢いを思い出していけば、そう負けないと思う。自立も必要かなと、リベンジに期待したい。

遠方から来てくださっている鈴木親子。最後までコート整備をお手伝いいただき、ありがとうございます。

結果 3月17日ジュニアワンデーグリーンボール

結果 3月17日ジュニアワンデーグリーンボール 優勝  寺内龍大 選手 準優勝 熊倉怜子 選手

今週のワンデーはグリーンボール。最近のワンデーは年齢制限より、使っているボールを優先して参加して頂いています。誰もが早くスタートできる訳ではないし、早くレギュラーを使ったから、上手くなる訳ではないからだ。 優勝した、寺内選手や準優勝の熊倉選手は、身体もまだ小さい。そういう選手が、遥かにボールが速い選手達に勝つのだから、今の時点で何が大切なのかを、考えてほしい。 速くかっこよく打てば、それを必死で受ける相手の返球はよみにくく、また合わされた時には、凄い球が返ってくるのだから、フットワークやスピードも更に要求、体力も必要。 ワンデーは、そういうのを考える良い機会ではないでしょうか。 寺内選手は、相手により、凄く変化する。タッチもよく、一本調子でないので、相手がやりにくい。 熊倉選手は、小さいながら、淡々とボールに合わせ、力でくる選手をくるわせていた。 グリーンボールでは、粘り、粘られた対策をしっかりマスターしてほしいです。

結果 3月10日ジュニアワンデーオレンジボール

結果 3月10日ジュニアワンデーオレンジボール 優勝  石部宝之助 選手 (桜田倶楽部) 準優勝 下門晃達 選手 (桜田倶楽部)


オレンジボールの大会は、テニスで大切なサービスを強化するために、時間制のデュースありゲームをすることもあり、今週は、デュースありでやりました。 オレンジボールは、コートが狭いので、子供でも、サービス、クロス展開、ボレーなどを養う大切な機会ですから、焦ってグリーンに移行するより、オレンジで、その展開をマスターしてから、ステップアップしていくと、強い選手になる近道だと考え、勧めています。 優勝した石部選手は、サービスが良かった。 準優勝の下門選手をはじめ、他の選手も、リターンやラリーは、差がなく良かった。試合の勧め方、サービスが勝敗を左右した。 今回の選手は、自分の課題をしっかり修正してきていたのを感じられ、次回が楽しみです。

結果 2月24日ジュニアワンデーグリーンボール

結果 2月24日ジュニアワンデー グリーンボール
優勝 寺内龍大 選手 (京王赤城) 準優勝 日野陽介 選手 (自由が丘インターナショナル)


[caption id="attachment_7937" align="alignleft" width="300"]
今週のワンデーは、グリーンボール。 徐々に調子を上げていった、寺内選手が優勝。 初参加の日野選手も寺内選手も、タイミングのはやいカウンターが上手い。リズムもよい。 オレンジ、グリーンでは、フットワーク、試合のテンポ、カウントをもっと大切にしてほしいと、とても感じた今日でした。 ご出場ありがとうございます。

2019年 4月28日 チャレンジマッチ開催決定!

レッドボールの部、オレンジボールの部、チャレンジマッチ開催決定!! もっとゲームを楽しみたい方、大会はまだ出たことがないけれど、ゲームに挑戦してみたい方、ご参加お待ちしております。 ★日時:2019年4月28日(日) 15:15~受付開始 15:30~ルール説明 15:45~試合開始 17:15 終了予定 ※雨天・コート不良の場合は中止とさせて頂きます。中止決定は14:45となっております。 お電話(042-488-8870)もしくはHPにてご確認をお願い致します。 ★料金/1,620円 ★申込方法/告知と同時に申し込み開始! フロントもしくはお電話にてお申込みください ~詳細はこちら~ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 2019年4月28日チャレンジマッチ

結果2月17日ジュニアワンデーオレンジボール

結果2月17日ジュニアワンデーオレンジボール 優勝  小泉遼太朗 選手(桜田倶楽部) 準優勝 永楽舞 選手(サントピアTS)


今日のワンデーのテーマは「デュースからの試合をマスターしよう」でしたので、予選リーグを戦う方式にしました。 しかも、レアお宝グッズの優勝商品があり、またちょっと違うプレッシャーやモチベーションがありました。 優勝した、小泉選手、コツコツ積み重ね、試合毎に修正してきたのが感じられた。 今の気持ちを忘れないでやっていってほしい。 準優勝の永楽選手も、予選から、一番安定していたし、昨年見たときより、とても成長していた。修正して、チャレンジしてほしい。 オレンジは、親も子も、色々学ぶよい機会です。 どんどんきいて、吸収してほしいです。

結果2月3日ジュニアワンデーグリーンボール

結果2月3日ジュニアワンデーグリーンボール 優勝  熊倉怜子 選手(TTC) 準優勝 大野鷹山 選手(緑ヶ丘テニス)



「今日は、調子が良いかも」と言っていた熊倉選手。そうなのかもしれないが、今まで頑張ってきたのが、でているのだと思います。 取りこぼしが課題の、他の選手は、試合出だし、苦手なタイプ克服、しっかりコールしたり、クレームの出し方受け方、まだまだなので、しっかり学んで、試合の苦しみも、楽しめるようにしていきましょう! 試合後も、寒いし、疲れている中、コート整備を皆でやってくれました。コート整備で強くなる訳ではないですが、やるだけ損みたいなセコい気持ちより、何でも楽しめるポジティブな気持ちやコートへの感謝は、必ずプレーにつながると思います。

結果 1月20日ジュニアワンデーオレンジボール 

結果 1月20日ジュニアワンデーオレンジボール 優勝 傳井悠一郎 選手 準優勝 小泉遼太郎 選手

自爆の嵐の中、唯一自分を失わなかった傳井選手が優勝。 小泉選手も、後半追いつきはじめたが、サービスの強い傳井選手が逃げ切った。 オレンジボールの時期は、 ①カウントをスムーズに数えられる。 ②サイド、チェンジコートを間違えずにできる。 ③大きな声で、コールできる。 (ジェスチャーも) ④ルール、マナーが、きちんとできる ⑤サービスが入る ができて、ようやくスタート時点に立てます。保護者が手伝いすぎると、頼ってしまい、覚えの妨げになります。間違えて、自分で考え、対処する事が大切な時期です。 親子で、良かった所を見つけたり、褒めて、この時期は楽しんでほしいと考えます。

日程 ジュニアワンデー4月・5月・6月大会

ジュニアワンデー4月・5月・6月大会
※3月31日よりワンデーの時間が変更になります ※14:45~受付開始 15:15~試合開始 ※お申込みは毎月1日に翌々月分の申込スタート ※公認大会予備日と重なる試合は、中止となる場合がございます
お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。 多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。 ↓日程はこちら↓ ※年齢でのカテゴリ分けを廃止しました。練習している対象ボールでお申し込みください ↓4・5・6月大会↓ 4月5月6月ジュニアワンデー日程 PDF ↓1・2・3月大会↓ 1月2月3月ジュニアワンデー日程 PDF


ジュニアワンデー5月・6月・7月大会

※3月31日よりワンデーの時間が変更になります

※14:45~受付開始 15:15~試合開始

※お申込みは毎月1日に翌々月分の申込スタート

※公認大会予備日と重なる試合は、中止となる場合がございます


お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。
多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。

↓日程はこちら↓
※年齢でのカテゴリ分けを廃止しました。練習している対象ボールでお申し込みください

ジュニアワンデー日程2019 – 5月~7月

結果 3月24日ジュニアワンデーレギュラーボール
優勝 佐野慧 選手 (MTS)
準優勝 佐藤清空 選手 (高井戸ダイヤモンド)






ハイレベルなイエローボールであった。
同じクラブや知り合いなど、年齢別で参加するジュニアの大会は、勝ち上がれば、いつも同じ顔ぶれとの対戦になる。
嫌な対戦であるが、手の内が分かる中で、プレッシャーをかけ合い、勝つための工夫をどのようにしていくか、メンタル部分で強くなる工夫などを自分のものにしてほしい。

友達対決を制したのは、佐野選手。来る前に出た試合では、決勝で負けたようだが、ワンデーは、優勝。焦る時に出る凡ミスを丁寧にいければ、負ける事も少くなるのではないかと感じられた。ボレーも上手い。

敗れた佐藤選手。以前の勢いを思い出していけば、そう負けないと思う。自立も必要かなと、リベンジに期待したい。



遠方から来てくださっている鈴木親子。最後までコート整備をお手伝いいただき、ありがとうございます。

結果 3月17日ジュニアワンデーグリーンボール

優勝  寺内龍大 選手
準優勝 熊倉怜子 選手





今週のワンデーはグリーンボール。最近のワンデーは年齢制限より、使っているボールを優先して参加して頂いています。誰もが早くスタートできる訳ではないし、早くレギュラーを使ったから、上手くなる訳ではないからだ。
優勝した、寺内選手や準優勝の熊倉選手は、身体もまだ小さい。そういう選手が、遥かにボールが速い選手達に勝つのだから、今の時点で何が大切なのかを、考えてほしい。
速くかっこよく打てば、それを必死で受ける相手の返球はよみにくく、また合わされた時には、凄い球が返ってくるのだから、フットワークやスピードも更に要求、体力も必要。
ワンデーは、そういうのを考える良い機会ではないでしょうか。

寺内選手は、相手により、凄く変化する。タッチもよく、一本調子でないので、相手がやりにくい。
熊倉選手は、小さいながら、淡々とボールに合わせ、力でくる選手をくるわせていた。

グリーンボールでは、粘り、粘られた対策をしっかりマスターしてほしいです。

結果 3月10日ジュニアワンデーオレンジボール

優勝  石部宝之助 選手 (桜田倶楽部)
準優勝 下門晃達 選手 (桜田倶楽部)





オレンジボールの大会は、テニスで大切なサービスを強化するために、時間制のデュースありゲームをすることもあり、今週は、デュースありでやりました。

オレンジボールは、コートが狭いので、子供でも、サービス、クロス展開、ボレーなどを養う大切な機会ですから、焦ってグリーンに移行するより、オレンジで、その展開をマスターしてから、ステップアップしていくと、強い選手になる近道だと考え、勧めています。

優勝した石部選手は、サービスが良かった。
準優勝の下門選手をはじめ、他の選手も、リターンやラリーは、差がなく良かった。試合の勧め方、サービスが勝敗を左右した。
今回の選手は、自分の課題をしっかり修正してきていたのを感じられ、次回が楽しみです。

結果 2月24日ジュニアワンデー グリーンボール

優勝 寺内龍大 選手 (京王赤城)
準優勝 日野陽介 選手 (自由が丘インターナショナル)







今週のワンデーは、グリーンボール。
徐々に調子を上げていった、寺内選手が優勝。
初参加の日野選手も寺内選手も、タイミングのはやいカウンターが上手い。リズムもよい。
オレンジ、グリーンでは、フットワーク、試合のテンポ、カウントをもっと大切にしてほしいと、とても感じた今日でした。

ご出場ありがとうございます。

レッドボールの部、オレンジボールの部、チャレンジマッチ開催決定!!

もっとゲームを楽しみたい方、大会はまだ出たことがないけれど、ゲームに挑戦してみたい方、ご参加お待ちしております。

★日時:2019年4月28日(日)

15:15~受付開始

15:30~ルール説明

15:45~試合開始

17:15 終了予定

※雨天・コート不良の場合は中止とさせて頂きます。中止決定は14:45となっております。

お電話(042-488-8870)もしくはHPにてご確認をお願い致します。

★料金/1,620円

★申込方法/告知と同時に申し込み開始! フロントもしくはお電話にてお申込みください

~詳細はこちら~

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2019年4月28日チャレンジマッチ

結果2月17日ジュニアワンデーオレンジボール

優勝  小泉遼太朗 選手(桜田倶楽部)
準優勝 永楽舞 選手(サントピアTS)




今日のワンデーのテーマは「デュースからの試合をマスターしよう」でしたので、予選リーグを戦う方式にしました。
しかも、レアお宝グッズの優勝商品があり、またちょっと違うプレッシャーやモチベーションがありました。
優勝した、小泉選手、コツコツ積み重ね、試合毎に修正してきたのが感じられた。
今の気持ちを忘れないでやっていってほしい。
準優勝の永楽選手も、予選から、一番安定していたし、昨年見たときより、とても成長していた。修正して、チャレンジしてほしい。

オレンジは、親も子も、色々学ぶよい機会です。
どんどんきいて、吸収してほしいです。

結果2月3日ジュニアワンデーグリーンボール

優勝  熊倉怜子 選手(TTC)
準優勝 大野鷹山 選手(緑ヶ丘テニス)







「今日は、調子が良いかも」と言っていた熊倉選手。そうなのかもしれないが、今まで頑張ってきたのが、でているのだと思います。
取りこぼしが課題の、他の選手は、試合出だし、苦手なタイプ克服、しっかりコールしたり、クレームの出し方受け方、まだまだなので、しっかり学んで、試合の苦しみも、楽しめるようにしていきましょう!

試合後も、寒いし、疲れている中、コート整備を皆でやってくれました。コート整備で強くなる訳ではないですが、やるだけ損みたいなセコい気持ちより、何でも楽しめるポジティブな気持ちやコートへの感謝は、必ずプレーにつながると思います。

結果 1月20日ジュニアワンデーオレンジボール

優勝 傳井悠一郎 選手
準優勝 小泉遼太郎 選手




自爆の嵐の中、唯一自分を失わなかった傳井選手が優勝。
小泉選手も、後半追いつきはじめたが、サービスの強い傳井選手が逃げ切った。

オレンジボールの時期は、
①カウントをスムーズに数えられる。
②サイド、チェンジコートを間違えずにできる。
③大きな声で、コールできる。
(ジェスチャーも)
④ルール、マナーが、きちんとできる
⑤サービスが入る

ができて、ようやくスタート時点に立てます。保護者が手伝いすぎると、頼ってしまい、覚えの妨げになります。間違えて、自分で考え、対処する事が大切な時期です。

親子で、良かった所を見つけたり、褒めて、この時期は楽しんでほしいと考えます。


ジュニアワンデー4月・5月・6月大会

※3月31日よりワンデーの時間が変更になります

※14:45~受付開始 15:15~試合開始

※お申込みは毎月1日に翌々月分の申込スタート

※公認大会予備日と重なる試合は、中止となる場合がございます


お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。
多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。

↓日程はこちら↓
※年齢でのカテゴリ分けを廃止しました。練習している対象ボールでお申し込みください

↓4・5・6月大会↓
4月5月6月ジュニアワンデー日程 PDF
↓1・2・3月大会↓
1月2月3月ジュニアワンデー日程 PDF