トーナメント


第3回 桜田14歳以下ジュニアテニストーナメント

公認大会 第3回 桜田14歳以下ジュニアテニストーナメントを開催致します。 期日: 2017年12月28日(木)~12月31日(日)・2018年1月4日(木)・1月6日(土)・7日(日) 資格: 14歳以下(平成16年1月1日以降出生の男女) 試合方法: トーナメント方式/1セットマッチ(6-6後、7ポイントタイブレーク) ※ベスト4より3セットマッチ(各セット6-6後、7ポイントタイブレーク・ノーアド) ※天候等の理由により試合方法を変更する場合がございます 参加費: ¥4,320 申込み方法: 申込み用紙をご記入の上、参加費を添えて フロントに持参もしくは現金書留にてお申込みください 申込み締切: 11月30日(木)17:00迄 ※郵送の場合は、消印有効 ドロー発表: 12月8日(金)予定   ↓要項・参加申込書はこちら↓ 第3回桜田14歳以下ジュニアテニストーナメント 要綱

結果 ジュニアワンデー10月1日 10歳以下グリーンボール 

ジュニアワンデー10月1日 10歳以下グリーンボール 結果 優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部) 準優勝  鈴木頌啓 選手 (チームZIP) 今週のワンデーは、グリーン10才以下の大会です。 徳武結人君、グリーンボール、三連勝中。この勢いを止めようと、他の選手も調整して向かってくるでしょう。 準優勝の鈴木君は、しっかりコールをしていて、見習って欲しいです。 夏の成果がでるこの時期は、観ていて感心する事ばかり。 グリーンボールをしっかり、経験すると、レギュラーになってから、良い影響が沢山あることでしょう! マスターズを開催する事になりました! ワンデーの目的の1つにしていただければと思います。 ご出場ありがとうございます。

結果 ジュニアワンデー9月24日 10歳以下グリーンボール 

ジュニアワンデー9月24日 10歳以下グリーンボール 結果 優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部) 準優勝  ブラウナー地球 選手 (フリー) 今週のワンデーは、10歳以下グリーンボール 毎回、参加するメンバーも多い中での、ぎりぎりでの競り合い。 経験を積み重ねるのが目的の一部なこの大会は、ルール、マナー、ルールからの考え方も、やっている中で、気がついたら指摘します。はじめは、経験の浅く言われるがままの選手も、どんどん強くなっていきます。しっかりもして。 徳武君は、毎回修正してきて、ギリギリの戦いを前回に続き優勝。 その戦いに敗れた選手達も、悔しさをしっかり刻んでいたので、次の戦いでリベンジできるか。 成長が楽しみです。 ご出場ありがとうございます。

ジュニアワンデー12月大会日程表(2017.9.27)

ジュニアワンデー12月大会の日程表をUP致します。 12月大会は10月1日より受付スタートします。 また、お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。 12月17日はマスターズを開催致します。詳細は該当者に後日お知らせ致します。 多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。 2017ジュニアワンデー日程表12月 セルフジャッジ推進A4チラシ

結果 ジュニアワンデー9月10日グリーンボール

ジュニアワンデー9月10日 9歳以下グリーンボール 結果 優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部) 準優勝  石崎葵巳 選手 (桜田倶楽部)   関東ジュニアテニスツアーを開催していた為、久しぶりのワンデーでした。 夏休みは、大きく成長する大チャンスなので、どんな成長をしたのか、楽しみにしておりました。 優勝した徳武選手は、沢山の試合や練習をしてきて、優勝をつかんでいました。初戦、急成長の選手をなんとか、止めたのが大きな勝因です。準優勝の石崎選手も、どんどん経験を積んでいてこれからが楽しみです。 前回ほとんど勝てなかった選手も、ステップアップしていました!秋は大会も多いので、どんどんチャレンジしてみましょう。 公認大会の出場選手が、コールやジェスチャーをほとんどしないで、試合をしていて、驚きました。全然かっこよくないですし、そんなので、強さを現すなんて恥ずかしいことです。 本当に強い人は、ルールに基づき、淡々と大好きなテニスで、しっかりポイントをとり、コールしながらリズムをとっています。良いところを見習い、審判がついて試合できる大舞台目指し、今はしっかりとルールを理解するのも、大切なジュニアの時期だと思います。 ご出場ありがとうございます。

結果 ジュニアワンデー7月23日グリーンボール

ジュニアワンデー7月23日 9歳以下グリーンボール 結果 優勝  眞岡初 選手 (有明JTA) 準優勝  徳武結人 選手 (桜田テニスカレッジ) 今週のワンデーは、グリーンボール。 「優勝?」と、一つ一つの試合を丁寧にやったからこの言葉がでたのでしょう。初優勝で、とても喜んでいた眞岡選手。この優勝が次へのステップに大きく影響すると信じています。しっかりとしたフットワークとショットでした。 敗れた徳武君も、その試合までは良かった。決勝の勝ち方は、決勝に残れないと体験できないし練習できません。同じようにやるだけなのですが、魔物がいるのでしょうか。 眞岡選手にリーグ戦で、微々たるポイント差で敗れた選手も、他の敗者も優勝インタビューや当倶楽部代表の言葉をしっかりときいていて、次へのリベンジを心にきざんでいました。 ご出場ありがとうございました。

第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会12歳以下結果(2017.08.27)

2017年7月31日(月)~8月5日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会12歳以下、結果を掲載致します。 ご出場ありがとうございました。 12歳以下男子シングルス 優勝 大熊樂 選手(桜田倶楽部) 準優勝 三村夏偉 選手(TENNIS SUNRISE)     12歳以下女子シングルス 優勝 佐藤弘夏 選手(桜田倶楽部) 準優勝 瓜生莉央 選手(赤城アカデミーさくら野火止) 12歳以下男子ダブルス 優勝 石井瑛介 選手(s.oneグリーンテニスクラブ)・山本拓 選手(Team YUKA) 準優勝 上方拓真 選手(グローバルプロテニスアカデミー)・細野 暖 選手(吉田記念テニス研修センター) 12歳以下女子ダブルス 優勝 青木舞帆 選手(桜田倶楽部)・佐藤弘夏 選手(桜田倶楽部) 準優勝 榎本久乃 選手(自由が丘インターナショナルテニスカレッジ)・菊地理沙子 選手(自由が丘インターナショナルテニスカレッジ) 12歳以下男子シングルス予選 12歳以下男子シングルス 12歳以下女子シングルス 12歳以下男子ダブルス 12歳以下女子ダブルス

第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会16歳以下結果(2017.08.27)

2017年7月31日(月)~8月5日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会16歳以下、結果を掲載致します。 ご出場ありがとうございました。   16歳以下男子シングルス 優勝 渡辺匠 選手(京華高校) 準優勝 多賀俊仁 選手(パワーテニスパーク) 16歳以下女子シングルス 優勝 徳澤ゆきの 選手(霞ヶ浦高校) 準優勝 大野里紗 選手(トータルテニスアカデミー) 16歳以下男子ダブルス 優勝 渡辺匠 選手(京華高校)・渡辺充 選手(H.Y.S) 準優勝 浅倉英陸 選手(YC&AC Junior Tennis Academy)・代島侑真 選手(YC&AC Junior Tennis Academy) 16歳以下女子ダブルス 優勝 江頭美紅 選手(聖徳大学附属取手聖徳女子高校)・徳澤ゆきの 選手(霞ヶ浦高校) 準優勝 神尾優 選手(狛江インドアジュニアATPチーム)・大野里紗 選手(トータルテニスアカデミー) 16歳以下男子シングルス 16歳以下女子シングルス 16歳以下男子ダブルス 16歳以下女子ダブルス

第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会18歳以下結果(2017.08.27)

2017年8月7日(月)~8月12日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会18歳以下、結果を掲載致します。 ご出場ありがとうございました。 18歳以下男子シングルス 優勝 望月滉太郎 選手(湘南工科大学附属高校) 準優勝 渡部将伍 選手(早稲田実業学校高等部) 18歳以下女子シングルス 優勝   浅賀遥 選手(荏原SSC) 準優勝 野口綾那 選手(白鵬女子高校) 18歳以下男子ダブルス 優勝  渡部将伍 選手(早稲田実業学校高等部)・小林大修 選手(早稲田実業学校高等部) 準優勝 貫井健司 選手(東海大学菅生高校)・山口凌 選手(東海大学菅生高校) 18歳以下女子ダブルス 優勝  谷垣凜 選手(リビエラ逗子マリーナテニススクール)・大河原彩楽沙 選手(リビエラ逗子マリーナテニススクール) 準優勝 玉木由梨 選手(白鵬女子高校)・大久保杏美 選手(白鵬女子高校) 18歳以下男子シングルス予選 18歳以下男子シングルス 18歳以下女子シングルス 18歳 以下男子ダブルス 18歳以下女子ダブルス

第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下結果(2017.8.03)

2017年7月25日(月)~7月29日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会14歳以下、無事に終了致しました。 結果を掲載致します。 ご出場ありがとうございました。 14歳以下男子シングルス 優勝 三好健太選手(桜田倶楽部) 準優勝 山内日斗選手(フミヤエース市川テニスアカデミー) 14歳以下女子シングルス 優勝 小川すみれ選手(荏原SSC) 準優勝 添田莉依菜選手(荏原SSC) 14歳以下男子ダブルス 優勝 米塚健太選手(橘テニスアカデミー)・佐藤大喜選手(橘テニスアカデミー) 準優勝 大木悠靖(京王赤城アカデミー)・小林祐也選手(京王赤城アカデミー) 14歳以下女子ダブルス 優勝 添田莉依菜選手(荏原SSC)・小川すみれ選手(荏原SSC) 準優勝 入内嶋愛選手(荏原SSC)・萩原渚月選手(荏原SSC) 結果はこちら ↓ ↓ ↓ 第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下男子シングルス結果 第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下女子シングルス結果 第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下男子ダブルス結果 第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下女子ダブルス結果

公認大会 第3回 桜田14歳以下ジュニアテニストーナメントを開催致します。

期日: 2017年12月28日(木)~12月31日(日)・2018年1月4日(木)・1月6日(土)・7日(日)
資格: 14歳以下(平成16年1月1日以降出生の男女)
試合方法: トーナメント方式/1セットマッチ(6-6後、7ポイントタイブレーク)
※ベスト4より3セットマッチ(各セット6-6後、7ポイントタイブレーク・ノーアド)
※天候等の理由により試合方法を変更する場合がございます
参加費: ¥4,320
申込み方法: 申込み用紙をご記入の上、参加費を添えて
フロントに持参もしくは現金書留にてお申込みください
申込み締切: 11月30日(木)17:00迄 ※郵送の場合は、消印有効
ドロー発表: 12月8日(金)予定

 

↓要項・参加申込書はこちら↓
第3回桜田14歳以下ジュニアテニストーナメント 要綱

ジュニアワンデー10月1日 10歳以下グリーンボール 結果
優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部)
準優勝  鈴木頌啓 選手 (チームZIP)

今週のワンデーは、グリーン10才以下の大会です。
徳武結人君、グリーンボール、三連勝中。この勢いを止めようと、他の選手も調整して向かってくるでしょう。
準優勝の鈴木君は、しっかりコールをしていて、見習って欲しいです。
夏の成果がでるこの時期は、観ていて感心する事ばかり。
グリーンボールをしっかり、経験すると、レギュラーになってから、良い影響が沢山あることでしょう!

マスターズを開催する事になりました!
ワンデーの目的の1つにしていただければと思います。

ご出場ありがとうございます。

ジュニアワンデー9月24日 10歳以下グリーンボール 結果
優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部)
準優勝  ブラウナー地球 選手 (フリー)


今週のワンデーは、10歳以下グリーンボール
毎回、参加するメンバーも多い中での、ぎりぎりでの競り合い。
経験を積み重ねるのが目的の一部なこの大会は、ルール、マナー、ルールからの考え方も、やっている中で、気がついたら指摘します。はじめは、経験の浅く言われるがままの選手も、どんどん強くなっていきます。しっかりもして。
徳武君は、毎回修正してきて、ギリギリの戦いを前回に続き優勝。
その戦いに敗れた選手達も、悔しさをしっかり刻んでいたので、次の戦いでリベンジできるか。
成長が楽しみです。

ご出場ありがとうございます。

ジュニアワンデー12月大会の日程表をUP致します。
12月大会は10月1日より受付スタートします。
また、お申込みをされた方は試合日の1週間前になりましたら一度出場確定のご連絡をお願いします。

12月17日はマスターズを開催致します。詳細は該当者に後日お知らせ致します。
多くの方がご出場できるよう、ご協力をお願い致します。

2017ジュニアワンデー日程表12月

セルフジャッジ推進A4チラシ

ジュニアワンデー9月10日 9歳以下グリーンボール 結果
優勝  徳武結人 選手 (桜田倶楽部)
準優勝  石崎葵巳 選手 (桜田倶楽部)

 

関東ジュニアテニスツアーを開催していた為、久しぶりのワンデーでした。
夏休みは、大きく成長する大チャンスなので、どんな成長をしたのか、楽しみにしておりました。
優勝した徳武選手は、沢山の試合や練習をしてきて、優勝をつかんでいました。初戦、急成長の選手をなんとか、止めたのが大きな勝因です。準優勝の石崎選手も、どんどん経験を積んでいてこれからが楽しみです。
前回ほとんど勝てなかった選手も、ステップアップしていました!秋は大会も多いので、どんどんチャレンジしてみましょう。

公認大会の出場選手が、コールやジェスチャーをほとんどしないで、試合をしていて、驚きました。全然かっこよくないですし、そんなので、強さを現すなんて恥ずかしいことです。
本当に強い人は、ルールに基づき、淡々と大好きなテニスで、しっかりポイントをとり、コールしながらリズムをとっています。良いところを見習い、審判がついて試合できる大舞台目指し、今はしっかりとルールを理解するのも、大切なジュニアの時期だと思います。

ご出場ありがとうございます。

ジュニアワンデー7月23日 9歳以下グリーンボール 結果

優勝  眞岡初 選手 (有明JTA)
準優勝  徳武結人 選手 (桜田テニスカレッジ)

今週のワンデーは、グリーンボール。
「優勝?」と、一つ一つの試合を丁寧にやったからこの言葉がでたのでしょう。初優勝で、とても喜んでいた眞岡選手。この優勝が次へのステップに大きく影響すると信じています。しっかりとしたフットワークとショットでした。
敗れた徳武君も、その試合までは良かった。決勝の勝ち方は、決勝に残れないと体験できないし練習できません。同じようにやるだけなのですが、魔物がいるのでしょうか。
眞岡選手にリーグ戦で、微々たるポイント差で敗れた選手も、他の敗者も優勝インタビューや当倶楽部代表の言葉をしっかりときいていて、次へのリベンジを心にきざんでいました。

ご出場ありがとうございました。

2017年7月31日(月)~8月5日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会12歳以下、結果を掲載致します。
ご出場ありがとうございました。

12歳以下男子シングルス
優勝 大熊樂 選手(桜田倶楽部)
準優勝 三村夏偉 選手(TENNIS SUNRISE)

 

 

12歳以下女子シングルス
優勝 佐藤弘夏 選手(桜田倶楽部)
準優勝 瓜生莉央 選手(赤城アカデミーさくら野火止)

12歳以下男子ダブルス
優勝 石井瑛介 選手(s.oneグリーンテニスクラブ)・山本拓 選手(Team YUKA)
準優勝 上方拓真 選手(グローバルプロテニスアカデミー)・細野 暖 選手(吉田記念テニス研修センター)

12歳以下女子ダブルス
優勝 青木舞帆 選手(桜田倶楽部)・佐藤弘夏 選手(桜田倶楽部)
準優勝 榎本久乃 選手(自由が丘インターナショナルテニスカレッジ)・菊地理沙子 選手(自由が丘インターナショナルテニスカレッジ)

12歳以下男子シングルス予選

12歳以下男子シングルス

12歳以下女子シングルス

12歳以下男子ダブルス

12歳以下女子ダブルス

2017年7月31日(月)~8月5日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会16歳以下、結果を掲載致します。
ご出場ありがとうございました。

 

16歳以下男子シングルス
優勝 渡辺匠 選手(京華高校)
準優勝 多賀俊仁 選手(パワーテニスパーク)

16歳以下女子シングルス
優勝 徳澤ゆきの 選手(霞ヶ浦高校)
準優勝 大野里紗 選手(トータルテニスアカデミー)

16歳以下男子ダブルス
優勝 渡辺匠 選手(京華高校)・渡辺充 選手(H.Y.S)
準優勝 浅倉英陸 選手(YC&AC Junior Tennis Academy)・代島侑真 選手(YC&AC Junior Tennis Academy)

16歳以下女子ダブルス
優勝 江頭美紅 選手(聖徳大学附属取手聖徳女子高校)・徳澤ゆきの 選手(霞ヶ浦高校)
準優勝 神尾優 選手(狛江インドアジュニアATPチーム)・大野里紗 選手(トータルテニスアカデミー)

16歳以下男子シングルス
16歳以下女子シングルス
16歳以下男子ダブルス
16歳以下女子ダブルス

2017年8月7日(月)~8月12日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会18歳以下、結果を掲載致します。
ご出場ありがとうございました。

18歳以下男子シングルス
優勝 望月滉太郎 選手(湘南工科大学附属高校)
準優勝 渡部将伍 選手(早稲田実業学校高等部)

18歳以下女子シングルス
優勝   浅賀遥 選手(荏原SSC)
準優勝 野口綾那 選手(白鵬女子高校)

18歳以下男子ダブルス
優勝  渡部将伍 選手(早稲田実業学校高等部)・小林大修 選手(早稲田実業学校高等部)
準優勝 貫井健司 選手(東海大学菅生高校)・山口凌 選手(東海大学菅生高校)

18歳以下女子ダブルス
優勝  谷垣凜 選手(リビエラ逗子マリーナテニススクール)・大河原彩楽沙 選手(リビエラ逗子マリーナテニススクール)
準優勝 玉木由梨 選手(白鵬女子高校)・大久保杏美 選手(白鵬女子高校)

18歳以下男子シングルス予選
18歳以下男子シングルス
18歳以下女子シングルス
18歳 以下男子ダブルス
18歳以下女子ダブルス

2017年7月25日(月)~7月29日(土)第33回prince関東ジュニアテニスツアー桜田大会14歳以下、無事に終了致しました。
結果を掲載致します。
ご出場ありがとうございました。

14歳以下男子シングルス
優勝 三好健太選手(桜田倶楽部)
準優勝 山内日斗選手(フミヤエース市川テニスアカデミー)
14歳以下女子シングルス
優勝 小川すみれ選手(荏原SSC)
準優勝 添田莉依菜選手(荏原SSC)

14歳以下男子ダブルス
優勝 米塚健太選手(橘テニスアカデミー)・佐藤大喜選手(橘テニスアカデミー)
準優勝 大木悠靖(京王赤城アカデミー)・小林祐也選手(京王赤城アカデミー)

14歳以下女子ダブルス
優勝 添田莉依菜選手(荏原SSC)・小川すみれ選手(荏原SSC)
準優勝 入内嶋愛選手(荏原SSC)・萩原渚月選手(荏原SSC)

結果はこちら
↓ ↓ ↓
第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下男子シングルス結果
第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下女子シングルス結果
第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下男子ダブルス結果
第33回関東ジュニアテニスツアー桜田大会 14歳以下女子ダブルス結果